Press "Enter" to skip to content

利用停止にならないショッピング枠現金化の方法

クレジットカードのショッピング枠現金化を行う場合、カード会社に不正使用を疑われない方法で行う必要があります。

 

現金化の行為自体が違法に問われることはなくとも、カード会社から利用停止などの処分を受ける可能性があるからです。

特に、ショッピング枠でなんらかの商品を購入し、それを転売することで現金に換えるという方法を行う場合には注意が必要です。

 

 

クレジットカードの利用者が、カードで購入した品物をその後どうしたかまではカード会社にもわかりません。

ですから、ショッピング枠で購入したものを転売しても、ふつうは不正使用を疑われません。

 

しかし、カードの利用の仕方がふだんと違うとみなされると、説明を求められることがあります。

 

たとえば、これまで買ったことのないようなブランド品を急にいくつもカードで決済した場合や、換金性の高い金券を数十万円分も購入した場合です。場合によっては、事前の通告がないまま、突然カードが利用できなくなるということもあるそうです。

 

不正使用を疑われないように現金化するには、急に短期間で換金性の高い品物を大量に購入しないことです。

 

または、買い物の特典としてキャッシュバックがあるという方式を採用する現金化業者を選ぶのも、リスクが少ない方法です。