Press "Enter" to skip to content

総量規制の対象外と言われているが本当か

ショッピング枠現金化を利用するメリットのひとつは、貸金業法の適用を受けないということです。

貸金業法は2010年に改正されており、そこでは総量規制という規制が設けられています。

 

ショッピング枠を現金化するサービスは、この規制の対象外という点でメリットは高いと言えるでしょう。

 

総量規制は、個人の借入金額を年収の3分の1までに制限する規制です。

かつてサラ金と呼ばれた消費者金融業者が法外な利息で貸し付けていたことによって社会問題化したことを受けて成立した規制です。

年収が300万円の人は、100万円までしか借入できません。

この規制に抵触すると、業者は最悪で業務停止処分にあうため、大手だけでなく中小の消費者金融業者でもこの規制を守っています。

 

ただし、これが適用されるのは消費者金融や信販会社のキャッシング枠であって、ショッピング枠は無関係です。

消費者金融業者からの借入が年収の3分の1になってしまい、もう借入できる限度額まで達した人でも、ショッピング枠に残高があれば、それを現金化できます。

インターネット経由で申込すると、ほとんどの業者で来店は不要ですし、審査なし、即日で現金振込が可能です。

 

誰かに知られることなく、Webだけで完結する点はメリットと言えるでしょう。