Press "Enter" to skip to content

現金化にはリスクもあることを理解しよう

ショッピング枠現金化には、いくつかのリスクがあります。

最重要なのは、ほとんどの信販会社では、ショッピング枠で購入した商品の現金化を禁止しているからです。

 

カードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

信販会社としては、利用者が返済可能であるだけのキャッシング枠しか与えていません。そのため、ショッピング枠現金化は利用規約に違反すると規定していることが多くあります。

 

規約に違反していることが発覚すると、クレジットカードは解約させられます。

最近は信販会社のショッピング枠現金化を見抜くテクニックが向上しているので、簡単に発覚してしまいます。

良く使われた現金化の手段として新幹線のチケットを利用する方法があります。

キャッシング枠を使いきっている人が、今まで新幹線のチケットを購入したことがないのに、突然新幹線の回数券を購入したら、怪しまれます。

もし、ショッピング枠の現金化が信販会社に発覚するとカードを強制的に解約させられるので、これまでの利用料金の一括返済を求められます。

 

現金化に利用した金額だけでなく、キャッシングに使った分も合わせて全額支払いしなければいけません。また、ショッピング枠の現金化をすると、自己破産ができなくなる危険性があります。注意しましょう。